ご挨拶・司法書士紹介

ご挨拶

「司法書士って何をする人ですか?」
私が自分の職業を伝える場面で、よく受ける質問です。
司法書士は、具合が悪くなった時に行くかかりつけの
お医者さんのように、暮らしの中で何か困ったことが
おきたときに相談に行くことができる窓口。
「身近な街の法律家」です。

司法書士として業務を始めて以来、相続手続きや、成年後見
の実務において、ちょっとした困ったことを
「後でどうにかしよう」と思って手を付けずにいるうちに、
本人が亡くなり、若しくは判断能力が低下し、親族の方が
その過去の困ったことの処理に、大変な思いをしている場面
を数多く目にしてきました。

風邪は万病のもとといいますが、「ちょっと困ったこと」を放置しているうちに、
大きな問題に発展してしまうことは決して珍しいことではないのです。

このようなことが少しでもなくなるように、くらしの中で問題が生じた時、気軽に
相談していただける事務所を目指すと共に、「難しい法律手続を、誰にでも
分かるようにご説明し、依頼者に最適な手続をご提案する」をモットーに、
これからも業務に取り組んでいきたいと考えています。

司法書士紹介

代表 司法書士 照本夏子(てるもとなつこ) プロフィール

栃木県司法書士会会員 登録番号478号 簡易訴訟代理等関係業務認定第824008号

昭和50年 足利市生まれ
平成20年 司法書士試験合格
平成21年 司法書士登録
司法書士法人SOLY(広島)勤務
平成27年 照本夏子司法書士事務所開設

早稲田大学法学部卒業、結婚を機に勤務していた電機メーカーを退職し、移り住んだ
広島で司法書士試験に合格。その後6年間司法書士法人SOLYに勤務しました。
広島では司法書士業務全般に携わると共に、相続・遺言・成年後見・エンディング
ノートなど各種セミナー講師をつとめ、実際にエンディングノートの執筆・出版に
係わりました。今後も、「自分らしく最期の時まで生きるために」必要な法的手続の
サポートや、啓蒙活動に力を入れていきたいと考えています。
私生活では2012年に離婚し、現在は中学生の息子とうさぎの助さんと一緒に暮らしています。元夫と共に、離婚後の協力しながらの子育てを模索中です。

             

page top