司法書士って何する人?

司法書士は、日常の「困った」を相談できる身近な街の法律家です。

セミナーでお話しするときなどによく、「司法書士って何をする人ですか」というご質問を受けます。弁護士、司法書士、行政書士、社労士など、たくさんの資格があり、だれが何の仕事をしているのかわからないのも、無理はありません。そこで、司法書士にご相談いただけることをご紹介をしたいと思います。

相続手続のこと

  • 亡くなった人から、相続人へ不動産の名義を変える手続き
  • 相続放棄の手続き
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺言書の作成、遺言書のある相続の手続き

関連ページ >> 遺言書作成相続手続

成年後見のこと

  • 認知症のご本人の財産管理のための成年後見の申立手続き
  • 将来認知症になったときに、信頼できる人に財産管理を任せるための
    任意後見契約の手続

関連ページ >> 成年後見

借金のこと

  • 債権者を選び、支払可能な金額で分割払いをしていくための和解の手続き
  • 裁判所での個人再生や破産の手続き
  • 過払い請求

関連ページ >> 借金整理

土地・建物の登記のこと

  • 家を新築したり、土地や建物を購入したときの不動産の名義変更手続き
  • 住宅ローンや事業資金を借りたときの、担保の設定手続
  • 借金を支払い終わった時の、担保を消す手続き
  • 認知症の親の療養費のために成年後見人をたてて親の土地・建物を売却する
    ときの不動産の名義変更の手続き

関連ページ >> 不動産登記

会社の手続きのこと

  • 株式会社、一般社団・財団法人、NPO法人などを設立するときの手続き
  • 会社・法人の役員変更・目的変更・本店変更の手続き
  • 増資・組織変更・機関構成の変更の手続き
  • 株主総会議事録、契約書等の作成・チェック等中小企業法務

関連ページ >> 法人のお客様

その他法的トラブルのこと

  • 敷金を返してほしいとき
  • 裁判所から訴状が届いたとき
  • 貸したお金が返ってこないとき
  • 離婚をしたいと思っているとき

関連ページ >> 離婚手続

※ ただし、上記の業務で、依頼人に代わって司法書士が相手方と交渉が必要な場合、司法書士が代理をすることができる範囲は140万円以下(かつ裁判所は簡易裁判所のみ)となりますので、それを超える金額の場合は、裁判所に提出する書類作成などでサポートすることとなります。

page top