ブログ

2015年8月26日

  • 日々のこと

夏の思ひ出~北アルプス唐松岳~

こんばんは。前のブログから間が空いてしまいました。

さて、当事務所は、8月16日(日)~8月18日(火)までお休みをいただいておりましたが、その間に、長野県へ登山旅行に出かけてきました。登った山は、念願の北アルプス唐松岳。私が小学校6年生の時に家族で登った山です。

私は小さいころから、夏休みには、登山好きの父によって、登りだけで8時間近くかかるような山に連れていかれておりました。正直、なぜ最後は下るのに、こんな大変な思いをして山に登るのか、腹ただしい思いでいましたので、山登りは嫌いでした。特に、うっそうと茂る木々の中を歩いていくときなどは、景色もたいして変わらず、何が面白いのかがわかりません。

そのような思いでいる中、私が山が素晴らしいと思えたのは、この北アルプスの唐松岳と、立山です。標高の高いところからスタートするために、木がなく、周りの景色を楽しみながら、また、高山植物を楽しみながら登ることができるのです。

IMG_0785

 

ふもとからは、まずケーブルカーに乗り、リフトに乗り継ぎます。写真はケーブルカーを降りたところ。ヨーロッパにいるような景色が広がります。

リフトを降りると、さて、登山開始です。最初は、晴れていたのに・・

IMG_0797

あっという間に曇り空。山の天気は変わりやすい。

IMG_0812

最初は一時間ほど、木の道が続きます。28年前に来た時にはこんなに歩きやすいみちだったかなあ。などと、話しながら進みます。

IMG_0823

途中にある、人の顔のような、第二ケルン。
IMG_0846

八方池に到着。ここで少し休憩をとりました。まだまだ、疲れてません。ここから、頂上まで3時間以上あることを聞いて驚きましたが・・。何しろ、弟に計画を任せきりで、何時間かかるのかも知らずにきました。28年前、山小屋に泊まった記憶がないということは、行きかえりで8時間程度の山だったということです。少し考えればわかる事でした・・。帰りのリフトの時間を考えると、あまりゆっくりも休んでいられないわけです。

IMG_0868

更に登り進めると、雪渓が。中学生の息子は大喜びです。雪渓を登る必要はありませんので、当然、アイゼンなどの準備もしていません。

IMG_0879

IMG_0878

八方池から、2時間ほど歩くと、丸山ケルンに到着!ガスが晴れてきましたー。進む先がきれいにみえてきます。

IMG_0894

更にそこからあるくこと1時間半ほどでしょうか・・。ようやく唐松山荘が見えてきました。

IMG_0897

ここで終わりではありません。ここでトイレをすませて、これから頂上に向かうのです!!トイレは200円。ジュースは400円。いろんなものをここまで運ぶのは大変ですものね。

IMG_0898

いざ頂上へ。20分でつくとのこと。

最後の頑張り。結構きついです・・・足も痛いし。ここにきて、中学生の体力に驚かされました。

IMG_0909

 

頂上に到着!!!頂上からみおろす、唐松山荘です。

頂上で少し休んだのち、唐松山荘におりて、弟が作ってくれたお弁当を食べました。大変おいしゅうございました。この山を下るのかと思うと、恐ろしい思いがしましたが・・・・。

帰りは、3時間半ぐらいで下山。最終リフトの20分前に、リフトに乗ることができました。翌日、翌々日と、ひどい筋肉痛に悩まさることになろうとは、下山してすがすがしい気持ちには思いもよらないことでした。。

IMG_0814

IMG_0825

IMG_0827

IMG_0855

IMG_0836

IMG_0884

IMG_0912

沢山咲いていた高山植物の一部です。小さくて、かわいいですよね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

page top