ブログ

2015年7月27日

  • 介さんのひとりごと

気が付けば不惑

8

介さんです。

先日、小指の爪がとれて出血したので、獣医さんに連れて行ってもらいました。

治療は消毒する程度で直ぐに済み、一安心しました。お医者さんは、僕の頭をなでながら「良い毛並みですね。いい血統ですね」と褒めてくれました。

そうです、介さんはこう見えても血統書付の由緒あるウサギさんなのです。

でも、お医者さんから気になる一言が。「飼い始めて4年ですか、人間でいうと40歳の中年ですね」と。

なあ、ぬぬぬぬぬぬぬう-。介さんは自分のことを介さんと呼ぶほどのうっかりものですが、若気の至りとして自分自身を大目に見てきました。

もう不惑とは…。それでも、あれこれ迷う日々をこれからも過ごすことになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

page top