ブログ

2015年7月23日

  • 介さんのひとりごと

介さんの休日(心頭滅却編・最終章)

無題

介さんです。

今回は旅の最終章です。白州を満喫してから、武田勝頼の最後の拠点となるべき城であった新府城や、武田氏の氏神として尊崇をあつめた武田八幡宮などを巡った後、最後に甲州市にある恵林寺を訪れました。

ご存知のように、恵林寺は甲州征伐で武田氏が滅亡した後に、織田信長軍によって焼き討ちにあいました。その際、同寺の快川和尚が燃え盛る火の中で座禅を組み「心頭滅却すれば火も亦た涼し」と唱えながら、果てたことで有名です。介さんは、心頭滅却できないので火は熱いまま的な生き方をしているので、その高尚な境地には辿り着けそうにありません。

無題6

中庭を通して本堂方面を望む。

無題7

中庭より国指定の名勝である庭園を望む。しんとして心が落ち着きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

page top